郡山市 不動産情報 売買(土地、戸建、マンション、投資・収益物件) 賃貸(アパート、マンション、貸家、駐車場)管理のご相談は郡山市の不動産会社マコトーマスへ

(株)マコトーマス 郡山営業所

お気軽にお問い合わせください
phone024-954-9557
mailメールでのお問い合わせ
menu

Home > スタッフブログ > 既存(中古)住宅インスペクション

既存(中古)住宅インスペクション

先日、東北地区中古住宅流通促進協議会が主催した「公開インスペクション」に参加してきました。

インスペクションとは、建物の調査のことです。

平成30年4月1日より、改正宅建業法が施行され、宅建業者は既存(中古)住宅の媒介契約時に

「建物状況調査を実施する者のあっせんの有無」について記載することになります。

国土交通省では、建物状況調査のことを次のとおり定めています。

「既存住宅の基礎、外壁等の部位ごとに生じているひび割れ、雨漏り等の劣化・不具合の有無を目視、

計測等により調査するもの」

としており、検査のために壊したりせずに目視や計測等による調査になります。

そして、建物状況調査を行う者として

「国の登録を受けた既存住宅状況技術者講習を修了した建築士(既存住宅状況調査技術者)が実施する」

となっています。

宅建業者が建物状況調査を実施するわけではありませんが、どのような検査が行われるのか、宅建業者

の立場で勉強してまいりました。

インスペクション⑥

基礎、外壁、外壁サイディングのつなぎ目にあるシーリング、サッシまわりなどのひび割れ確認

インスペクション④

小屋裏を懐中電灯を使用して雨漏り等が無いか確認

インスペクション⑤

床下点検口から懐中電灯を使用して水たまりや水しみ後が無いか確認

インスペクション③

床に著しい傾斜が無いか確認

 

実際に検査しているところを見ることで、事前に売主様や買主様へ修繕したほうが良いかご提案する

ことができます。参加して良かったです。

この建物状況調査とは別に、既存住宅かし保険に加入するための検査については、住宅かし担保責任

保険法人の登録を受けた検査事業者が建物状況調査を実施する必要があります。

ですので、かし保険に加入することを前提に調査をする場合は、保険法人登録の検査事業者をあっせん

することが宅建業者として必要になります。

安心して既存住宅を購入してもらうために必要な制度ですね。

 

スタッフ:岸波

 

« 2018年11月»
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 休業日

郡山営業所
営業時間のご案内

平日 9:30~18:30
土曜 9:30~17:00